変速 vs. シンプリシティ

最近、内装変速装置の図面というか、イメージスケッチというか、そんなものを描いています。難しいです。

私は現在シングルスピード(変速なし)で主にストリートを乗っています。ブレーキもありません。以前山に入ったときにはブレーキだけはつけたりと、細かい仕様変更はありますが、基本的にシンプルなものが好きです。なぜなら、複雑なものは、よっぽどうまく作っておかないと、壊れやすいからです。

MTB に使われる変速機は、Derailleur(ディレイラー)と呼ばれています。これは、「脱線機」と訳した方が正確かもしれません。普段はチェーンを隣の軌道まできちんと脱線させてくれるいい奴ですが、ちょっと変わったことをするとすぐにテンパって脱線しすぎてしまいます。だから最近、私に限らず、ストリートでは変速機はあまり使われません。

でも、脱線しない、しっかりした奴に変速してもらったら、MTBでのストリートライディングはもっと合理的で進歩的なものになると私は考えているのです。その一環で本来ママチャリ用である内装変速ハブをMTBに取り付けて、さんざん実験しました。が、イマイチでした。仕方がないので、自分で考えてみます。そんな時、心に流れるのはこの一曲。映画「スパイダーマン」のテーマになった、「Hero」という曲の一節です。

..And they say that a hero can save us
I’m not gonna stand here and wait..
(ヒーローが救ってくれるはずだよ、とみんな言うけれど、僕は、ただじっとここに立って待つことはしない)

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ