変速 vs. シングルスピード

前回の続きです。

ストリートや、最近ではトライアルまで、変速なしのシングルスピードでMTBを組む人が増えてきました。以前から山に入る人でも一部にそういう趣味はあったのですが、それとこれとはちょっと動機が違う気がします。

変速なしで山に入るのは当然不便で、大変で、遅くて、疲れます。それでも、行き過ぎた文明を拒否するかのように、それを好む人がいます。つまり、非常に趣味的な理由です。それに対して、ストリートでは、故障を避け、多少の不便は我慢して、信頼性を追及していたらこうなっちゃった、という実用的な理由が(少なくとも私は)第一にあります。

とはいえ、シングルスピードでストリートをやっていると「ではなぜBMXではなくわざわざMTBでやるの?」という疑問に答えにくくなるのも事実。別に人から言われなくても、その疑問は常に私の中にはあります。そこで変速があれば、「山に登ったらハーフパイプ状の谷があったからひとしきり飛んで、ダウンヒルして帰ってきた」というような、答えになるライディングができるのです。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ