初めてのバニーホップコンテスト

先週は、BMXやスケートボード、インラインスケートの人々と一緒に乗る機会がちょびちょびっとあって、楽しい時間を過ごしました。札幌はもともとこうしたスポーツの人口が少ないせいか、それともかけ持ちしている人が多いからなのか、それともたまたまなのか、こういうグループ同士のイデオロギー対立とかセクト抗争とかが少ない気がします。世界的にも、スケーターとBMXだとか、BMXとMTBだとか、妙に仲が悪いシーンは珍しくないので、ここはラッキーな街です。

日曜には、バニーホップコンテストというものを初体験しました。参加人数はたぶん25人くらい、フラットランドライダーもストリートライダーも、みんなどんどん飛んでいてすごいです。最初の低い時から全員参加、1回失敗したらアウトという分かりやすくも厳しいルールで、意外な脱落者も続々発生。

生き残り人数が減るのと反比例してバーの高さも会場のテンションも上がっていき、78cmで自分ひとりだけになりました。優勝!のど渇いた!水!ランチ!と思ったのも束の間、そこからもうちょい記録に挑戦ってことに。85cmを飛んで、次は88cmくらいがいいな・・・と思ったら、「90cmでいきましょう」と非情なコール。澄みわたる青空にそびえ立つ90cmのバーにはかなわず、ここで失敗して終了となりました。商品としてDVDをもらって、ホクホクしながら帰ったのでした。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ