冬の気配と、タイアの話

明日、札幌あたりでは雪になるとの噂です。これまでにも山の方では降ってますが、街中ではまだでしたからね。

雪国の自動車乗りには、季節ごとの儀式があります。夏は窓のウォッシャー液が水でも良かったけど冬は凍りにくいものにする必要もあるし、ワイパーブレードもサスペンション部が凍らないようにカバーがついていてゴム質も柔らかい冬用に換えなきゃいけないんです。そしてメインは、タイア交換。冬用のスタッドレスタイアをホイールごと持っている人が多いですから、レンチとジャッキを用意して、さっくり交換します。メカに自信のない人と、タイアだけしかない人は、車屋さんかタイア屋さんに行くんです。今日は、そんなタイア屋さんは所により3時間待ちの大盛況だったそうです。

自転車はその点、あまり衣替えしませんね。一応、ママチャリのスタッドレスタイアとか、MTBのスパイクタイアとかはありますが、わざわざ交換する人は少数派です。多くの人は、雪が積もるようになったらチャリを仕舞って雪融けまで乗りません。

とはいえ、真剣なMTB乗りは結構スパイクタイアで乗ってます。一方、私のように夏タイアのままで乗り続けるライダーもいます。スパイクは雪であれば圧雪でもアイスバーンでも状況に左右されにくい安定したグリップを得られるのですが、札幌でも街中に多いロードヒーティングの仕込まれたタイル路面などは最悪です。ストリートライダーとしては根雪に覆われる期間であっても路面の出ているところを探し出して乗る機会がありますから、スパイクは微妙です。移動には良いですが、一番楽しみたいシーンが楽しめなくなりますからね。

普段のタイアはスリック系が基本なので雪道にはダメだと思われがちですが、意外とそうでもないんです。圧雪路面などは意外なほどグリップするんです。ただ、最近手に入れたタイアが完全なスリックで、これを今チームメイトが履いているんですよね。これだけはさすがに不安です。まぁ、良い実験になるでしょう。ライダーごとのバイクチェックも近いうちにやりたいと思っていますので、ぜひお楽しみに。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ