左右筋力バランス改善

嬉しいことがありました。

今日、左右の脚の太さを測ったところ大体同じ、やや右のほうが太いようでした。実はこれは私には、大変な進歩です。

人間の体は、意外と左右差があるもの。顔のパーツにしても、骨格にしても、筋力にしても。私の場合はずーっと昔から、左脚の方が右脚より強いという癖がありました(ちなみに、長さも左の方が長いです)。さらに右脚の膝を2年前に手術したものですから、筋力差は広がったまま、なかなか縮められずにいたのです。その解消を目指して最近少し鍛えていました。

測定時は、自転車に乗った後で右脚だけ少しトレーニングして、筋肉がパンプした(張った)状態だったので、平常時よりは大げさな数字になるはずですが、それにしてもこれは初めてのことです。

自転車でアクションをするときには、基本的に両方のペダルを同じ高さ(水平)にします。その時に、左右脚の筋力差が大きいときちんと踏ん張ったり、バランスを取ったり、着地の衝撃に耐えたり、という動きがしづらくなります。どちらかの脚に頼れば、そっちのペダルが下がってしまうのです。ちなみに、このバランスを極めてみたければ、自転車を逆さにして、水平にしたペダルの上に立ってみて下さい。何にもつかまらないでバランスを取るのは相当難しいです。派手に転ぶ可能性も高いので、挑戦するならお気をつけて。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ