転ぶとそこには人情が

昨日はライブを見に行ってまして、自転車で片道30分少々の移動をしました。

距離としては大したことないんですが、凍ってましてね、道が。もちろんそれもいつものことなんですが、アレだったんですよ、ブラックアイス。今年は異常な暖冬なので、ほとんど毎日、昼間は雪融け水で路面が濡れています。夜になって気温が下がると、それが凍るわけです。アスファルトの表面が、白、黒、生地の3色になるわけです。白もまあまあ滑りますが、やはり黒は最強でした。油断した隙に、いきなり地面と仲良しです。

道端で痛みにウンウンうなっていると、車で通りかかったお兄さんが声をかけてきました。

「大丈夫かい?派手にこけてたけど。送ってあげようか?」

なんて素敵な人なんでしょう。しかし、痛いよりもなんとなく恥ずかしくて、ここは意味なく我慢です。お礼を言って、ヨロヨロとチャリを漕いで帰ります。もちろん、途中で雪山にひざまずいてアイシングもしちゃいます。膝をしたたかに打ったので、大きなタンコブができています。でも、これで家まで頑張れます。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ