蝦夷梅雨の晴れ間に

気象学上、北海道には梅雨がないことになっています。それでも6月から7月にかけてグズグズとした天気が続くことは多く、蝦夷梅雨なんて呼び方もあります(この言葉、今年になってから知りました。恥ずかしい…)。

本州でも梅雨明けだというのに朝から降ったり止んだりの今日、新しい友達ができました。

こいつです。

元々はただの野良カタツムリですが、程好いお湿りに気を良くして歩道を横切ろうという無茶な冒険を試みていたので、説得してやめさせました。多少強引な手段になってしまったため、しばらくは萎縮して自分の殻に閉じこもっていましたが、やっと明るさを取り戻したところで記念撮影です。

実はかなり久々に自分で良い!楽しい!と思える写真を撮れて、嬉しい出会いでした。カラーノイズは多少多いものの色補正をしなくてもこのバランスだし、後ピンなのは気になるけどそこそこのボケ味も出ているし、かなり至近距離なのにちゃんと撮れているし。やりますね、Infobar 2。そう、携帯電話のカメラなんですよ。

それにしてもこのお友達、かなりのんびり屋さんなんですよね。人種が違うか、生まれ育った環境が全く違うとしか思えないです。私も食べるのなんかは遅いですが、それでもこの子よりは多少は早い自信が生まれてきちゃうくらいです。でも、そんな周囲の心配をよそに自分のペースを貫き通してしまいそうな雰囲気です。

まぁ、唯一心配なのは、この友達が立ち直るのを5分間ばかり見守っていた私を、通りかかった人はどう思っただろうかということくらいですね。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ