Cyber’s Boot Camp in 栗沢

去る週末、札幌のライダー仲間であるサイバーが企画立案した自転車イベント、「サイバーズ ブートキャンプ」が初開催されました。
今回の会場は札幌近郊の栗沢にあるスケートパークで、パーク種目とバニーホップの大会が行われました。しかも前夜からキャンプして当日に備えたり備えなかったりするという贅沢なプランです。実は私、こんなに大人数で泊りがけのスケートパークツアーに出たのはほぼ初めてです。

泊りがけならではの贅沢。札幌市内で買出しをして出発です。

肉ばっかり買っているようですが、なんと野菜は事前に切ってあるという用意の良さ。さあみんな、今夜はカレーだよ!

そして楽しく夜は更けていき、朝になるとまさかのスコール模様。7月の川祭りもそうでしたが、手遅れかと思うくらい直前まで雨を降らせて、イザという瞬間にバシッと晴れさせるのがサイバースタイル。

そして、ここから急に写真がなくなります。ごめんなさい。なぜなら、天気が最高に良くなって、みんなで乗って、大会も盛り上がって、完璧にツツガナク成功してしまったからです。そんな中で自転車を置いて写真を撮り続けるのは無理です。今やほぼプロカメラマンである札幌ライダー、ハジメのような根性がなければ。

大会はなぜか全部勝っちゃいました。でもパーク競技、相当な接戦だったと思います。私は第2ヒートがあることも知らずにきっちり体力を使い果たし、その頃にはヨレヨレでしたが、逆に後の方が良かったライダーや、その日の中で大きな進歩を見せてくれたライダーもいて、いいものを見せてもらいました。

バニーホップでは、80cm台の後半で内地からの刺客、ほんわか旅行と見せかけてしっかりBMX持参で立ち寄ってくれた群馬のエネ君との一騎討ちになりました。そして彼の秘密兵器、ハーゲンダッツ賭けのオファーを受けてしまったので、プレッシャーもモチベーションも最高潮です。結果、私が91cmまで飛べて優勝となりました。そんな風にして他のローカルライダーをケチョンケチョンにやっつけてしまったエネ君ですが、想像通りのオシャレで気さくなナイスガイでした。会えて良かったです。

夕方になり、都合で大会に参加できなかった(でも前夜にも来てくれていた)マルちゃんが登場しました。川祭りでのミニランプセッション優勝者であり、今回もエントリーできていれば確実にかっさらっていったに違いない、札幌が世界に誇るシャイでまじめな暴走機関車です。みんなのためにデモンストレーションをしてくれました。

目の前で写真を撮っている海兵隊員は、Aaron Ross の背中を持つ函館人、ゴメスです。夕方のフラットライトの下で携帯カメラで撮ったもので写りは悪いですが、大体これがマルちゃんの標準的なエアです。素敵な高さです。

企画してくれたサイバーとサポートしてくれたライダー仲間、協賛の Sam’s Bike、みんなありがとう!

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ