成長期

今年になって、重大なことに気付きました。「最近、あまり自転車の練習をしていないかも」ということです。

その前のしばらくの間、もちろん週に数回とかそれ以上、自転車に乗ってはいました。でも、本気で乗るのは DVD 制作に向けた撮影の時が多く、それ以外で日々コツコツと練習する…という乗り方から遠ざかっていたようなのです。それでも上達はしているし良いかな、というよりは、変化に気付いていない状態でした。大きな怪我が続いた影響もありますが、筋力やバランス感覚、足裏感覚といったものも狂ってきていたと思います。

こりゃいかん、ということで最近、毎日のように乗っています。ただ移動中に縁石に飛び乗るだけでも面白いですが、やっぱり集中して同じ場所で同じ技を10回も100回も練習すると、効果は全然違います。当たり前ですね。

大きなモチベーションをくれたのは、札幌の他のローカルライダーでした。特に今年は BMX ライダーと一緒に乗る機会が多く、中学生や高校生のうまさにびっくりし通しです。そして若手に限らずどんどん上達している人はいっぱいいて、共通するのはやはり貪欲に乗っているということだと気付いたのでした。

たくさん乗ると、お腹が空きます。だから、背が伸びそうなくらいたくさん食べています。そしてこの機会に、さらに新しい境地へ自分を追い込んでみました。

だいぶ昔に、「関西では焼きそばをおかずにご飯を食べるのが至ってノーマル」と聞いて、ありえへん!と思っていました。しかし、Libido Bike Co. のモットーは、「Deny impossibilities」、不可能性を否定せよ、ということです。こんなのムリムリありえません、と尻込みして自分の既定路線にしがみついているうちに、本当の楽しみや発見が目の前をすり抜けてしまうなんて許せません。

やってみました。

しかし、やっちまいました。いくらおかずとしての焼きそばに確信が持てないとは言え、ご飯に納豆と卵をかけてしまったなんて。関西における納豆の地位の低さを知っていたはずなのに、焼きそばを信じ切ることができなかったなんて。これではとても、関より西には無事に入れません。近日リベンジが必要です。

味は、ひとまず普通でした。でも、焼きそばをおかずとして食べるというリズムではなく、ラーメンとカレーを同時に食べているような感じで、多分、本来あるべきビートに乗れていないと思います。やはり、近日リベンジが必要です。

でも、「お好み焼きをおかずにご飯」だったような気もしてきました。これも挑戦しないといけませんね。また、食事の取り合わせや味付けなんて些細な文化の問題で、基本的にありえないものはないと信じられる方には、麦茶オレをおすすめします。麦茶に牛乳を混ぜるだけ。昔、いつも飲んでいました。そして、友達の誰にも理解してもらえませんでした。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ