冬といえば…

ちょっと用事があって、十勝に行きました。帯広より手前の、十勝清水から士幌のあたりです。寒冷な気候で知られる地方でもありますから、冬の楽しみといえば、ワカサギ釣りなんかがあります。

というわけで、朝早く起きて、

糠平湖で釣ってきました。プロのフィッシングガイドさんと一緒だったので、よく釣れましたよ。その場で天婦羅にもしてもらい、本当においしかったです。

この湖はダム湖なので水量の変化が大きく、水位が高い時に凍った部分が切り株の上に取り残されて面白い造形を見せてくれます。

彼方を見渡せば、有名なタウシュベツ橋梁に向かってスノーシューのツアーが散策しています。これだけ雄大な自然にどっぷりと漬かってきたのは久しぶりで、もちろん気温は低いし風もあったのですが天気には恵まれて、楽しい時間を過ごせました。

そして今回の教訓。

  1. 釣ったワカサギがあんまり綺麗でかわいいからといって踊り食いをすると、後でおなかが痛くなることもある。
  2. 撤収時に油断していると氷にあけた穴に爪先がはまることもある。スニーカーはオススメできません。
  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ