新年度の気配

日本の学校や官公庁は一斉に3月末で年度末を迎えて4月から新年度になるわけですが、企業の会計年度はそれとは別の区切りであることも多かったりします。だから、みんなで一斉に年度替わりを実感できる機会はそんなにどこにでもあるとは限らないわけです。

ところが、否応なしに新年度の荒波に揉まれるスピリチュアルなスポットが存在することを思い出しました。ゴミステーションです。4月1日が何のゴミの日であろうと、ランダムに色々なゴミでいっぱいにされてしまう、かわいそうなあいつです。思い出させてくれたのは、これ。

ゴミステーションに置かれていましたが、明らかに前日3月31日あたりまでは靴下とかを洗わされていた働き者です。何を間違ったのか、粗大ゴミステッカーを貼られるでもなく、ただ置いてありました。ほとんど捨て猫と同じ扱いです(大きさが若干違うだけです)。

というわけで、ありがたく使うことになりました。季節の恵み、ごちそうさまです。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ