靴のフィッティングテスト

先日、スポーツショップに行ったら面白いイベントがありました。

店舗の片隅、というか真ん中に近い所ですが、なにやら機械が据え付けられ、ニコニコしたお兄さんが何人もいて、周りに靴がずらりと並んでいます。どうやら、靴のフィッティングを調べるもので、機械の力と、多分人間の洞察力も多少は交えつつ、最適なシューズをアドバイスしてくれるようです。お店の独自企画ではなく、靴メーカーによる催しのようです。

New Balance の靴はだいぶ昔に普段履きにしていたことはありますが、数ある靴メーカーの中でも一切スケートボードや自転車向きの靴を作っていない、完全に「あっち側」の存在なので最近はチェックしていませんでした。とはいえ、せっかく無料で科学的なアドバイスをしてくれるというのですから、ここはもう喜んでお願いしてしまいます。

さて結果が出ました。もちろんこれでは機械語同様で何のことやら分かりませんが、解説してもらいます。

アドバイスによると、まず足の幅が広いのでなかなか合う靴を探すのが大変だろうとのことでした。確かに、昔モーグルをやっていた頃に無理して憧れのライケルのブーツを履き、幅が狭いために当たり続けていた小指の付け根が更に出っ張ってきた過去があり、足幅は広いんです。MTB や BMX ではシビアな部分ではないので、最近気にしていませんでしたが。また、指に力が入っていないと言われました。これはちょっと心外で、なるべく拇指球に加重してみただけなんですけどね。それと、アーチが高いので、靴の方でショックを吸収してくれるものでないと辛いだろうとのことでした。Vans とかには目もくれず、ハイテク系の Osiris のスケートシューズを長く愛用していましたが、こんな理由があっての心地良さと信頼感だったのでしょうか。納得です。

さて、納得したところで、お勧めのランニングシューズを試着させてもらいます。まあ正直ランニングには興味が無いですが、きちんと定量的分析に基づいて選ばれた靴がどんな履き心地なのかは大いに興味があります。幅がどれくらい広いかというと、右足が4E、左足がFという判定でした。広い方に合わせて、というかその斜め上を行って、「超ワイド」のGサイズを出してくれたようでした。ミッドソールが厚いウルトラマラソン用で、かなりフカフカです。確かに快適です。日頃たまに感じる、「まだ履き慣らしていないからイマイチ感覚がヘン」なんていうつまらない状態を、本当は経験しなくてもいいんだなと感じるほどです。

最近シューズ選びで悩んでいましたが、これでだいぶ光が見えました。幅を合わせるのは大事ということと、クッションたっぷりハイテクシューズにこだわり続けよとのお告げだと思います。本当にためになりました。ニューバランスがスケートシューズを作ってくれていたら買ったのに。まだしばらく、シンデレラ探しは続きそうです。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ