オンラインショップのスパム行為

しばらく前に、オンラインショップの集合体、R市場で買い物をしました。とはいえ、頼まれモノなので正直面倒だなとか思いつつ、ホイホイとクリックしていったわけです。

このところ続けて、希望した記憶のないメールマガジンが届きます。どうやらR市場の関係のものなのですが、配信解除が実に面倒くさい。届いたメールの「配信解除」リンクをクリックすると、R市場の会員かそうでないかによって手続きが違い、その先はリンクを辿ったり、クリックしたり、手元に届いたメールからさらにリンク先を辿ったり、そこで配信解除をクリックしたりするわけです。しかも今回は、そこまでやってもどこにも登録してある形跡さえ発見できず。

これって、完全にスパムですが。

R市場に吸収されたオンライン銀行に口座を持っていますが、R銀行になってから急速にサービス悪くなりました。1000円を預け入れて引き出したら、手数料で数割目減りみたいな。貧乏人に用はないってスタンスは分かりますが、そもそもインターネットやIT革命が画期的なのは、ビジネスの世界で展開されてきたことがパーソナルな空間で実行可能になったことじゃないんですかね?ミリオン単位でのやり取りを相手にした方が銀行は効率良いでしょうが、個人アカウントにそれを望みますか?そして、それは有人サービスを基調にしたオフライン銀行の方法論じゃなかったんですか?

まあ、これだけ巨大化したR市場なので私がいくら悪態をついたところで何ら問題ないでしょうから、心置きなく言っておきます。ぜひ、一昨日にいらして頂きたい。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ