東京は厭 – 2011 summer trip (1)

久しぶりの本州遠征、改めてレポートします。徒然なるままですが。

自転車(MTB)とスキー(モーグル)の仲間で、お互い北海道と本州と北米を股にかけてブイブイいわせてきた友達の結婚式がありました。そもそもこれが、東京に行くと前から決めていた理由でした。同じ日に札幌で恒例の自転車イベントがあり、バニーホップ大会など出たいところでしたが、こればっかりは仕方ありません。

結婚式とその後のパーティでは、久しぶりに会う友達や、新しくできた友達、自転車好きにスキー好きがわんさか居て最高でした。強いて言えば、新婦さんの友達と親しくなるとか、そういうことが全然なかったのが残念というか、あ、いやいや、最高の式でしたよ。

せっかくの東京なので、お世話になっている自転車屋さんにお邪魔してみたり、そしてそして、八王子にできたプラネットパークにももちろん行ってみます。この春に落成したばかりの、自転車もOKなスケートパークです。本格的なコンクリートパークで乗るのはほぼ初めてですね、よく考えると。

…乗り始めた瞬間に雨になり、パークはクローズとなりました。ウォームアップもまだだったので、様子見がてら1周だけちょろりと乗っただけでした。なんていうか、次にコンクリのスケートパークに行っても、初めてとも言い切れないけど特に経験も無いという、微妙なポジション確定です。

運転していても視界が悪く、涙で景色が曇っているのかと思いきや、車のエアコンが故障中で窓が曇りがちなのでした。仕方ないので雨の中でも少し窓を開けつつ、移動します。途中で晩御飯を2回食べるくらいのヤケ食いも欠かせません。東京は厭なところです。

埼玉・妻沼の道の駅で1泊したので、立派なオクラとラズベリーを買ってみました。クロワッサンとカフェオレは朝食です。オクラとラズベリーは後で富士見パノラマに着いてからおいしく頂きました。特に、この前夜に地元のラーメン屋さんでモツ煮込みを1kg衝動買いしていたので、それを鍋で温めるのと同時にオクラを軽く煮込んだらちょうど良い味でした。

しかし富士見に向かう道もそれほどゴキゲンだった訳ではなく、雨と霧に悩まされました。群馬から白樺湖経由で行ったので、悪天候も含めて山の雰囲気をじっくり味わうことはできたのですが。写真は、確か立科あたりでしょうか、夏山の霧でホワイトアウトを体験しているところです。結構見えなくなるものだと驚きました。

さて、そんな具合にジプシーしながら富士見入りしたのがMTBストリートイベント前日の29日金曜日深夜。ここから、モツ煮込みとオクラに舌鼓を打ちつつ次回に続きます。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ