29erが似合う人

最近、通常の26インチよりタイヤの大きなMTBが増えていますね。タイヤ外径が約29インチということで、29er(two-niner、トゥーナイナー)と呼ばれるMTBの新ジャンルです。

技術的なポイントとしては、タイヤ外径が大きいことにより、障害物(石とか段差とか)をスイスイと乗り越えて進みやすいというのが売り文句です。反面、体格の小さな人ではポジションを合わせるのが難しくなります。また、ホイールの慣性質量の増加から、漕ぎ出しは少し重くなるでしょう。つまり29erは、体格の大きな人が広大なフィールドを比較的一定の速度で長時間走るために最適化されたMTBだと言えます。

それじゃ日本では使えないかと言うと、まあ私の答えは「最適解じゃないと思うけど、別に問題ないんじゃない?」です。大きな理由は、大半の自転車乗りはそんなに細かいことは気にしないし、ママチャリよりワンランク上を求めてMTBを買う人は特にそうだからです。MTB歴が浅いなら、どのホイールサイズが標準かなんてどうでもいい話ですし、ママチャリでは24インチ、26インチ、27インチ、28インチとホイールサイズはバラバラに入り乱れていますが、そこには大したイデオロギー戦争は勃発していませんからね。一方、こだわりのハイエンド志向のライダーであれば、29erは今まさに成長期であり、そこに飛び込んで機材の進歩を体験することも楽しいのではないかと想像します。

まあ一方、私個人が乗るかと言うと、微妙ですけどね。トライアルやストリートに影響された自分の乗り方からすると、自転車本体の乗り越え性能というのは重要ではないですから。むしろ、能動的に1mくらいとかの段差に飛び乗ることが楽しみなわけで、自転車に求めるのはそうしたアクションに対する追従性です。その点では、26インチや24インチ、20インチなどに大きなアドバンテージがあります。機材に乗っかって進むだけではなく機材を能動的に操ろうとすれば、絶対的なホイールサイズではなく、自転車のジオメトリーとライダー本人の大きさとのバランスが重要だからです。

しかし、29erをまるで普通の26インチMTBのように錯覚させるライダーが存在しました。LeBron James(レブロン・ジェイムズ)というNBAのスターです。

これはかっこいい。しかも、気に入ったのでこのバイクメーカー、Cannondale(キャノンデール)の株主になってみたようです。ちなみに記事(英語)はこちら、ちょっと古いですが。

http://velonews.competitor.com/2007/03/bikes-and-tech/nbas-lebron-james-buys-stake-in-cannondale_11953

移籍騒動ですっかり株を下げてしまった感のあるレブロンですが、キャバリアーズ特別色のこのバイク、まだ乗っているのかな。色は塗り替えてもいいけど、乗っていてほしいな。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ