(一部の)音楽代理店はクズ

自転車乗れなくて機嫌の悪い草原です。最近、怒りっぽいって言われました。「そんなことない!」って怒鳴り返してしまいました。反省してます。

つい先日愚痴った、「お住まいの国では」見られないYouTubeビデオに関係した話でもう一発、ディスらせて頂きます。

YouTube Preview Image

イギリスの新星、アデル。良い歌手だと思います。曲も素敵です。まあこれだけ世界中で売れてるんだから、私が言うまでもないですが。

しかし問題は、訳詞です。何これ?

意訳か直訳か、翻訳スタイルがどうだこうだという問題ではなく、誤訳や未熟な訳のオンパレード。「ビール1杯おごるから」ってくらいの条件で友達にボランティアで訳させたレベルの仕事です。これが、アデルの日本代理店の公式ビデオだなんて、かなりクラクラ来る話です。

外国のミュージシャンを紹介し、その音楽を売るというビジネスにおいて、きちんとした歌詞の翻訳を提供することは絶対的な生命線だと私は考えます。なぜなら、アーティストの世界観を理解するには重要なことですし、また、それ以外のほぼ全てはインターネット上で誰でも簡単に得られるからです。CDやその他の音源であれ、アーティストの略歴であれ。

そこを適当に済ませて顧客へのサービスを果たさず、一方では(多分)YouTubeに申し立てて地域代理権をタテにアデルの他の動画を日本のユーザーからブロックさせたりしてるんでしょうか?そして、例によって日本版のCDからはガッツリとカスリを取っていると?

物理メディアをベースとした音楽や映像のビジネス環境は厳しさを増していると言われますが、正直こんな仕事しかしていないんならさっさと潰れちまえと思います。

そうそう、この映画配給会社も私のシットリストに入れておきます。「懇親の」って。せっかく良い映画なのに、ジャケットの解説文も誤字なしに書けないんなら、物理メディアビジネスなんかやめちゃいなよ。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ