2013 春の交通事故祭り

あれは土曜日のこと、今年初のダートジャンプをしに行きました。他の用事を済ませた後でのんびり行ったので到着が遅かったのですが、楽しめました。

到着が遅れた原因の一つが、これ。

事故発生です。私の車よりほんの20台ほど前でした。まあ私は、直前の車線合流で意地悪なトラックとバトルして意気消沈し、トロトロ走っていたら前が詰まっていたという程度のタイミングですが。

そうこうしているうちに、消防車、救急車、パトカーが駆けつけてきました。車に乗っていたのは家族連れらしく、何人かは怪我をしていてかわいそうでした。酷い方でも何とか骨折くらいで済んだらしいのが、不幸中の幸いだったと思います。とにかく、相手が悪すぎました。

相手。ロータリー除雪車とのオフセット正面衝突です。どちらがはみ出したのか、とか細かい状況は分かりませんが、怪我をされた方の早い回復をお祈りします。

さて、ここからの問題はこの交通状況です。現場は札幌市街のはずれ、もともと川筋にできている道なので、迂回路は山の向こうです。1時間くらいはロスするでしょう。なので、現場の向こうとこっちに詰まっている車も、仕事の車以外は大概が様子見で膠着状態です。

しかし、私にはダートジャンプという大事な仕事が待っているのでした。このままではイカンと、地図を見て、歩き回って下見して、動いてみることにしました。

よっこら

しょっと。

とても気に入っていた、置き物みたいな車高の車が廃車になってしまったので、その反動で「普通の車だから、どこでも大丈夫だろ?」と変な凹凸に突っ込んでいくのが最近のブームです。

この轍の幅だと、普段は軽トラばっかりかな? 落ちたら痛そうなので、慎重に冒険します。

事故現場を横目に見つつ…

無事に脇道を抜けました! 対向車の行列にビビります。1km以上はあったでしょう。こういう時ってトイレとか困りますよね。

その後のダートジャンプはまたうっかり写真など撮っていないのですが、乗って、掘って、良い時間を過ごしました。

で、翌日曜日。友達の家で花見が催されているというので、向かいます。

またか。

黒い軽自動車は左側面がベッコリいっていたので、信号のある交差点で直角にぶつかったということはどちらかの信号無視でしょうか。まあこの壊れ方なら怪我はそんなにないでしょう。

しかし、数年前にもここで黒い車がひっくり返っているのを見たんですよね。実は、左手前から右奥への一方通行を走っていると、この信号だけ前後とのつながりが異常に悪いので、そのせいもあるのかも知れません。大都市にはマトモな信号プランナーが必要だと思うんだけどな。つながりの悪い信号で得する人は誰もいないんだから。

ま、そんな行政の怠慢なんて話は置いておいて、すっかり春めいてきた札幌ではこのように交通安全の精神をしっかりと注入する週末が催されていたのでした。事故なんて、自分ひとりが安全を気取っていれば遭わないというものではないですが、油断していると避けられるものさえ避けられなくなってしまうのも事実。まあ、ほどほどに気を付けて参りましょう。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ