馬鹿やる人が馬鹿なんですよ、ドライバーさん

自転車で移動中、なぜか車にクラクションを鳴らされました。後ろからと追い抜きざまと、2回も。

別に初めての経験ではないですが、ちょっと意味が分からなくて困ります。2車線の道路で他に走行中の車もおらず、せいぜい路駐の1台を避ける必要があるくらいで、こちらが路駐車両をかわしている時だって1車線半くらいのスペースは空けてあげていたんですけどね。しかもこちらが元々先行していたし、追い抜きざまにブーブー言っていたちっちゃい車の人には優先権もへったくれもありません。

「ガキがチャリンコでチョロチョロ走りやがって、邪魔くせえ」ということなのかも知れませんが、別に蛇行もしていないし、第一私の方がよっぽどオッサンである可能性も捨てきれません。

「車が来てるよ、気をつけなよ」という配慮なのかも知れませんが、そんなの背後50mに居る時から見えてるっつうの。

変なちっこくて黄色い車で調子こく前に、教習所に行き直すべきでしょ。ハンドル握ったら気が大きくなっちゃうとか、頭悪すぎ。

ん? 黄色い乗り物? ハンドル握ればブイブイと…? まさか、まさか、お前はオレか? 確かに、場所はちょうど以前にもドッペルゲンガーを目撃したところから数メートルしか離れていない所。パラレルワールドの自分に、会ってしまったのでしょうか。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ