轢かれました、自分に

最近妙に忙しかったりしていたのですが、昨日今日とそこら辺で自転車の練習をしてきました。

近所で、平らなところに段ボール箱を積んで飛び越えてみます。これは面白いかも。高く積むだけでなく、その手前に余分な箱を置いてみたり、適当に遊べます。

しかし、もちろん失敗して箱にドカンと突っ込むのも織り込み済みのつもりだったのですが、そうは問屋がおろさないという事件がありました。空中でドカンとぶつかった箱とそのまま絡まって、バランスを崩して片足がペダルから外れた状態で着地。その足が地面を捉えた瞬間、通りすがりのタイヤが踏みつけていきました。自分の左足を、後輪で轢いてしまったのです。

これはこれでよくあることなのですが、不思議なのは足の向き。地面に足の甲がついて、足の裏をタイヤがなめていきました。そういえば、左足首は靭帯が1本ないから、横にぐんにゃりと曲がるんだった。実に変な感触です。痛いのかどうなのかもよく分からないまま、しょんぼりと帰ってアイシングです。

ちなみに高さは90cmちょいをクリーンに飛び越えられず。修行が足りませんね。ま、手応えは少しあったので、この調子で練習しようと心に誓うのでした。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ