台北、そして帰国

台北サイクルショウに合わせて、台湾に行っていました。ショウの後も週末をまたいで滞在し、先週半ばに戻ってきました。

台北車站

ショウ以外に、今回は、市内のスケートパークに遊びに行くという目標を半分くらい達成できたので良かったです。市営レンタルバイクでぶらぶらと行っただけなので、あくまでも達成度は半分くらいですが、地元のBMXライダーやスケーターとも少し仲良くなれました。

その他、せっかくなので九份というところに日帰り観光したりしました。

かつての金鉱であり、映画「悲情城市」の舞台となったことでも知られています。ただし月曜日だったので金鉱博物館も閉館日だし、昔日の金産業隆盛という一点を抜いてしまうと、ただパッケージツアー客が多く集まるだけの、リアルとは言いがたい観光地ですね。そこでしか生み出せないものは本当はもう無いので。せめて少しでもリアルな風景をと、人気のない町外れまで歩いて市街を見渡せるところに着いたのが上の写真です。本当は背後の基隆山に登りたかったですが、登山口で激しくなった雨のために断念しました。ま、この日のポイントは、同宿のドイツ人旅行者と一緒に汽車とバスを乗り継いで九份まで無事に往復し、それから台北の夜市まで遊びに行ったという、絵に描いたような異国観光を楽しんだということに尽きます。

そうそう、ちょうど台湾から帰ってきたあたりを境に、腰痛が治ったようです。苦節2ヶ月、割と大事に治したことはきっと無駄にならないでしょう。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ