冬季五輪終了のお知らせ

既にニュースになっているようですが、オリンピックについての悲しいお知らせです。

私はインスブルック冬季五輪とモントリオール夏季五輪の狭間に生まれました。その次のモスクワ夏季五輪では東西冷戦のあおりで日本を含む西側諸国が参加をボイコットするという事件があり、さらに4年後のサラエボ冬季五輪会場は開催から数年を経過して内戦の激戦地になってしまったという歴史があります。

そして今回ついに、日本はオリンピックにお呼びでないという事態になってしまいました。

2018平昌五輪公式サイトです。一応魚拓も見つけました。ウォーリーを探せるかな? 赤と白の服が目印だよ…いないよ!

もう、やめて良いんじゃないですかね。

もちろん、身を削り骨をきしませてそのレベルでやっているアスリートが一番優先されるべきとは思うんですが、そういうアスリートだって腰パンがどうだ態度がどうだっていうおおよそスポーツの本質とかけ離れた基準でメディアに叩かれちゃうんでしょ。見てられないです。

もう少し本質的なところを突っ込むと、オリンピックは開催国や参加国に対して短期的な経済効果や中期的な活動目標をもたらしてくれる他、現地にスポーツ施設やインフラストラクチャを残してくれるわけです。借金も残りますけど。つまり、開催地はオリンピックを機にスポーツ振興を大きく進める機会を得ます。ですが、それはあくまでも開催地にそうしたスポーツを根付かせられる素地があってのこと。そうでなければ、無駄な投資によって成り立つ、地元に根付かない単発の祭りに疲弊して終わりです。実際にはそこまで両極端ではなく、その中間で良いバランスが取れるかどうかの問題ですが。

で、ソチ五輪を見てて思ったんですが、というか実はあまり見ていないんですが、ソチってロシアの中では温暖な保養地なんですよね。分かりやすく日本に例えると、南紀白浜冬季五輪ですよ。この辺りの開催地ネタ切れ感がしんみりと心に刺さります。

また今回は開催国周辺での軍事的緊張もあるので、既にボイコット検討中の国も出ています。しかしここにピークを合わせて来ている選手がかわいそうですから、ボイコット組が増えるようならそっちで独自にやれば良いんじゃないでしょうか。第一回、南極第六輪大会ということで。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ