左足オーバーホール

秋も深まってまいりました。アウトドアに出かけるも良し、知床で熊とシャケを奪い合うのも良し、入院するのも良しという季節です。

何かと8月後半から9月くらいによく起こるイベント、今年も成し遂げました。2年ぶり10度目くらい?の入院手術です。9月半ばから3週間入院して、実は先週もう退院しました。

前回もそうだったのですが、別に新しい怪我をしたわけではなくて、古傷の治療です。3年前の夏に痛めて以来まともに歩いたり走ったりできなかった左足、今回新しい希望が見えたので飛びついてみました。

距骨の壊死がどうのこうのでどうしようもないというのがこれまでの見立てだったのですが、別のドクターに見てもらったら別の話になりました。まず一瞬で「体柔らかいでしょ?」と見破られるところから始まり、靭帯が2、3本切れているのと関節の合わせ面がガバガバなのがいけないから、靭帯再建に加えて腓骨を切って骨端の位置をずらし、関節をタイトに仕立て直そうという方針が決まりました。これが8月終わりの外来受診1回の内容で、その日のうちに通常のX線とストレス撮影をして入院予約まで終わったので、光の速さで話が進んだことにびっくりです。

靭帯については、外側の前距腓靭帯がいなくなっているのは何となく分かっていましたが、内側の三角靭帯は大昔に切って再建して以来何ともないと思っていたのでこれまたびっくりです。私は元々床の上で前後左右に開脚できるくらい体が柔らかいため、靭帯が切れただの衝撃で軟骨が減っただのと関節にダメージが蓄積するとグラッグラのひどい状態になってしまうようです。「体が柔らかいと怪我をしにくい」とよく言われますが、あくまでも程度問題ってことです。

入院すると、ベッドの名札に主訴として「足関節不安症」とありました。まんじゅうこわい、みたいな感じでちょっと和みます。怖い怖い言っていたら空から足関節がいっぱい降ってくるんだろうか。いいなぁ。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ