Red Bull パンプトラック世界選手権 in 赤井川

週末、けっこう大きな自転車の大会に出てきました。最近はやりのパンプトラック(凹凸うねうねの周回コース)で速さを競う新種目で、主催はエナジードリンクのRed Bull。10月の世界最終戦に向け、世界各地、確か20箇所ほどで開催されているシリーズの一環で、今回のものが日本予選という位置付けになります。

開催地は北海道の赤井川村。小樽とニセコの中間くらいに位置し、日本で唯一火山の噴火口内に人が住む土地であり、カルデラ内の集落を中心に1000人ちょいの人口があります。今年始まったこの大会シリーズは「Velosolutions」というスイスのトレイルビルダーとレッドブルとの緊密な連携のもとに運営されており、今回日本初のVelosolutions謹製トラックがこの赤井川にあるレクリエーション施設「Tomo Playpark」内に作られたというわけです。

私の住む札幌からであれば車で1時間半程度の距離に世界レベルのコースができたわけで、本州のライダーからすれば「ずるーい」と言われそうな状況ですが、まあ北海道にはろくなBMXコースも公共スケートパークも無いという惨状に鑑みてジェラシーの鉾をお収め下さい。ちなみに赤井川での事前練習は一切できなかったので、そこもジェラシる必要ないです。日帰り圏でこの大会が催されたことはもちろん非常な幸運でしたけれど。

コースにある洗濯板様の凹凸を利用して自転車を加速させるのがパンプトラックの醍醐味で、原理としてはブランコを漕ぐのと似たようなものです。このパンプ力に関しては私けっこう自信あったんですが、同時に本州から来るガチBMXレーサー勢がやっぱり大本命だろうなとも思っていました。コースが長いので、持久力か死か、って感じですし。

予選は一人ずつ走って時間計測し、男子32人、女子8人が決勝トーナメントに進みます。決勝は「デュアル」を謳って2人同時スタートですが、コースが単一のループ状なので実際には「追い抜き」形式でした。輪っかを時計に例えれば3時と9時の位置からヨーイドン、からのそれぞれ3時と9時まで1周、てことです。

で、結果。とりあえず20位で予選通過できましたが、決勝ですぐに敗退し、ベスト32止まりでした。無念。すごく大雑把に全体結果を総括すると、男女各トーナメントの上半分はだいたい本州ガチ勢に占められていました。下半分に北海道ローカル勢が入れたのはとても喜ばしいですが、トーナメント第一ラウンドでまとめて虐殺された感じです。

そうそう、サイクルスポーツのオンライン版でこの大会の記事が出ましたが、1枚目の写真に写っているライダーが私でした(照)。奥の方をよく見ると対戦相手の竹之内悠選手の背中も写っています。ロードにMTB、シクロクロスと幅広く活躍しているすごいライダーです。赤Tシャツの私は少しでも脚力を保たせるために前日考案したスイッチスタンス大作戦で、いつもと逆の左足を前にしてこのセクションを走っていますが、そんな小手先でどうこうなるものでもなく敗退をキメたのでした。

結果はまあショボショボでしたが、色々なライダーが色々なバイクで参加し、和やかな空気の中で頑張って競争して、楽しいイベントでした。4月頭にこのレースを知って申し込み、一進一退ありつつもここに向けて体のコンディションを整えて来られたことも今後につながる収穫でした。一緒に遊んでくれた皆さん、応援してくれた皆さん、ありがとうございました。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ