最後の踊りは丘を駆け下りながら(1)

年イチでしか最近は出番のないダウンヒルバイクですが、ここ数年着実に魔改造を重ねてきました。弊社がNorcoの日本代理店として営業を始めた2000年に自分用におろしてナショナルシリーズを数年走り、最高成績は確か青森での全日本選手権で11位か12位くらい。その後は長い冬眠を経て、2016年、2017年、そして今年2018年とニセコひらふでの大会出場に合わせて少しずつパーツを更新してきました。特に今年は、Jシリーズ現役時代から本当はやりたかったネタをついに実装したのです。

改造手術を終えて本番直前に札幌市内のばんけいスキー場でシェイクダウン。ちなみにここから先の記事はとても偏執的で何の役にも立ちませんので、ここで閲覧をやめるのも賢い選択です。

まず目を引くのが、まあ引かないと思いますけど、ホイールの大径化です。ここ10年ばかりの間にMTBは車輪サイズ規格の面で大きな変貌を遂げました。昔はMTBの誕生以来30年くらいほぼ全てタイヤ外径26インチだったのが、29インチの荒波を受け、その波浪に削られたり抗ったりする中で27.5インチも良いという話になり、我々の愛した26インチは今やレッドリスト入り間近とされています。まあそこには業界の欺瞞もありますが。

時代遅れってのも癪に障るので、去年から前輪に27.5インチをブチ込んでいます。これによって、昨今のヘッドチューブ角の鈍角化と同じ方向にジオメトリを変化させられますし。ギリギリ入ると計算して部品オーダーしてホイール組んで入れたら、本当にギリギリでした。タイヤとフォークの隙間2mmくらいです。後輪はフレーム形状の都合上どうしようもないので26インチのままですが、去年はビンテージタイヤがカピカピのズルズルでひどい目にあったので今年は新しいタイヤをおごっています。それにしても、前後異径を四半世紀も前から提唱していたワークショップ・モンキーはすごいなと思います。

で、それよりなにより、脱線変速機やめました。「ディレイラー」が「変速機」を意味すると思っている方に改めて教授しますが、あれは「脱線機」です。現状の自転車工学ではあれが最高効率なのは承知していますが、これこそが自転車のメカニズムにおける最大の恥部です。ヘンリー・フォードが言った(とされている)通りです。「どんなものを欲するかと人々に尋ねていたとしたら、もっと速い馬を、という話になっていただろう」。もっと多くの変速段数を。もっと滑らかな脱線機構を。既存のパラダイムの延長線上にあるのは未来ではなく、行き止まりの路地を華やかに突き進むだけのガラパゴスなのにね。そこに改善はあるとしても、革命は存在しないのです。

幸い研究用にシマノの内装11段変速ハブがうちに転がっていたので、それでホイールを組みました。サスペンションの無いハードテイルフレームであればこれで話が終わるのですが、フルサスペンションではそうはいきません。サスペンションの動きによってチェーン長が変わるからです。チェーンというのは遊べば即ち道を外れる放蕩息子みたいな奴なので、引き締めるためのテンショナー機構が必要です。

ここから先の設計は現車に合わせてのリバースエンジニアリング要素が大きいので、まずはとにかく現物合わせで検討します。

盟友ゴールドラッシュの岩佐賢一から以前「何かに役立てて」と頂いたEchoブランドのストリートトライアル向けチェーンテンショナー、役立てます。元は、変速付き自転車をシングルスピード化するときにディレイラーの代わりに装着する部品です。とりあえずそこらに転がっていたLアングルをサクッと切って穴開けて、タップ切ったりナット溶接してイモネジ入れたり。

理想としてはプーリーを1個かましてチェーンの張りが一定になるポジションがあれば良いのですが、そうは問屋が卸さないようです。まあ多少複雑な動きをする4バーリンクだし、仕方ないかな。ちなみに世間のチェーンデバイスではこうしたアイドラープーリーではなく円筒状のローラーがよく使われていますが、あれは機械設計のかなり根本的な部分でイケてないと個人的に思っています。

作業の都合上チャリが天地逆さまですがそれは置いといて、基本的にはサスペンションが縮むと要求チェーン長が長くなります。これはサスペンション形式を問わず多くのMTBに共通することです。

プーリーもう2個。これで何とかなりそうです。各プーリーの位置に加え前後スプロケットの歯数やチェーンのコマ数など変数が多すぎて、設計のマジな最適化は正直言って最初から諦めています。製品化するわけじゃないんだし。変数のもう一つは、サスペンションのトラベルです。最伸、最縮、中間、それぞれの位置での検討が不可欠です。なので、ダミーショック作りました。

ショックユニットの最伸長、最縮長、および中間2箇所を再現できるよう、そこらに転がっていた木っ端で治具を作りました。これは本当に役に立ちました。フルサスペンションバイクは本来これくらいしないと椅子の高さひとつ決められないという不便さがあります。適当にやるとタイヤとサドルが喧嘩します。

だいぶ息切れしてきたので、今回はここまで。多分三部構成で続きをお届けします。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ