最後の踊りは丘を駆け下りながら(6 – 終わり)

甘酸っぱくないし。しょっぱいし。

羊ちゃん、また来たよ。

ダウンヒルレース翌週、チャリ仲間にお誘い頂いてニセコにある某プライベートトレイル行ってきました。ずっと気になっていた場所にデビューできてウキウキなんですが、ハードテイルが楽しいコースなのにわざわざダウンヒルバイクも持っていったのには理由がありました。生前供養です。

フレーム折れました。レース数日後に各部チェックしていると、チェーンステイにビシッと一筋のクラックが。寿命です。このフレームが終われば、組んだばかりの内装変速ハブで組んだ後輪もいきなり引退だし、専用設計のチェーンデバイスも丸ごとゴミです。イチから構想を練り、ローテクな工具を駆使してひと月ちょっと、めちゃめちゃ手間暇かけて作り、実際にレースしても壊れたりしないスグレモノになったというのに。

なーんてチャリ仲間に愚痴っていたら、「むしろ良かったべや」と言われました。もしもっと早く作ってバリバリ乗ってたら大会直前に折れてトホホに暮れる羽目になっていただろうと。確かに。

なので気持ちを切り替えて、このバイクと最後の思い出づくりをすることに決めたのでした。そんなタイミングでのニセコ行きです。9月最後の週末でした。

天気も最高。景色も最高。また、等高線マニアの方には分かって頂けると思いますが、蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山、本家富士山に勝る美麗な佇まいです。元々は「後方羊蹄山」と書いて「しりべしやま」と読むという、キラキラネーム界にそびえ立つ秀峰です。

そんな環境で愉快な仲間たちとセッション。パンプトラックや、スロープスタイルっぽいジャンプとドロップオフのある下りコースがあり、期待通りめちゃめちゃ楽しい場所です。社用車のタナトスでだいぶ乗れるようになったところで、おもむろにダウンヒルバイクを引っ張り出します。

そしていよいよ、最後のジャンプへ。


(Photo: Takashi Madokoro)

この風景、刺激し合える友達、そしてヒリっとくるサイズの新造ジャンプセクション。最高すぎます。例によって私は乗る以外なんも考えてなかったんですが、マド氏に写真頂きました。自分もバリバリ乗りながらこんな写真まで撮っていたとは恐るべし。ありがとうございます。

こうして、18年を超える長い付き合いとなったこのバイクは現役最後のひと仕事を終え、眠りについたのです。今まで本当にありがとう。

そして翌日から、私は理想のダウンヒルバイクを求めて図面を描き始めるのでした。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ