Spinner “Cargo 34″ MTBサスペンションフォーク – NSP特別仕様

26インチMTB用サスペンションフォークが入荷しました。

マウンテンバイクの部品規格がかつてない多様化を見せる中、従来規格に則った普通のMTBに装着できる普通の交換部品が無いという困った現象が起きるようになっています。そんな時の選択肢としてNSPがお送りする、普通のMTBフォークがこちらです。

以下、ムダに長い説明をはさみますので、どうでもいい方は写真までスクロールしましょう。

フォークが規格変遷の荒波に激しく揉まれるのには理由があります。他の部品との接点がそれぞれ、規格戦争の激戦地だからです。

まずは上から、フレームに刺さるスティアラーチューブ。スティアリングコラムとも呼ばれます。大昔にはこれが1インチ(25.4mm)という標準規格がありましたが、ここ四半世紀ほどの間にMTB主導で1-1/8インチ(28.575mm)が主流となり、今ではロードだってBMXだってほぼこれです。チューブ先端では。しかし片持ち支持機構としての最適化のため、このチューブの根本、つまりフレームのヘッドチューブ下端の大径化が進んでいます。いわゆるテーパードヘッドチューブです。これはこれでエンジニアリング的な正当性のある話なので私も嫌いではないですが、弊社のタナトスをはじめ、まだまだストレート(上下同径)のフレームはありますし、それが極端に劣るわけでもありません。一方でアフターマーケットのMTBフォークはここ数年で一気にテーパー祭りとなり、ストレートスティアラーのものが入手困難になりました。これが、今回このフォークを特注して仕入れた最大の理由です。

次に問題になるのが、タイヤサイズです。26インチ、29インチ、27.5インチと主流が移り変わる中で、フォークも基本的にはそれぞれのタイヤサイズに対して専用設計となっています。ちなみにホイールサイズを小さい順に並べると26、27.5、29ですが、それぞれの外径差は3センチちょいです。半径では1.5センチ刻みなので、このうち2つのサイズに対応する兼用フォークというのはまあ可能ですが、どれもこれもOKというわけには中々いきません。タイヤサイズについて、私たちは26インチへの愛に溺れていますので、このフォークを用意した第二の理由がここにあります。

次の激戦地は、ブレーキ台座です。昔はリムブレーキ(カンティレバーブレーキ)台座のみだったり、「国際標準(IS)」ディスクブレーキ台座と両方ついていたりもしましたが、今の主流はディスク専用で、ポストマウント(ダイレクトマウント)台座です。設計通りのローターサイズ(このフォークでは160mm)を使う分にはISよりも部品が少なくて済み、性能も整備性も良く、別に20年前のブレーキキャリパーだってそのまま使えたりしますので、ここは普通にナウい構成でいきます。

そしてフォークの下端、ハブとの接合部も問題です。これまでに存在した主な選択肢としては、9mmクイックリリースアクスル、20x110mmスルーアクスル、15x100mmスルーアクスル、15x110mmスルーアクスルがあります。このうち、クイックはまず論外です。これは昔ながらのリジッドフォークで実績のある構造をそのまま持ってきてしまった後方互換の失敗例で、フォークはよじれ放題だし、そのせいでクイックシャフトはグニャグニャに曲がっていき、それじゃあ、とBMXなんかのナット止めハブで乗っていればドロップアウトがちぎれるし、そもそもディスクブレーキの反力が常にホイールをボロっと脱落させて大事故を起こす方向に働く構造だしで、致命的な欠点が多すぎます。一方、スルーアクスル化によりそれらを克服した20×110規格は以降ずっと、軽く20年以上にわたりダウンヒルなどで主流となっており、信頼性も高く比較的優れた(いわゆる「枯れた」)規格です。「じゃあそれを細くしたら軽くなって良いんじゃね?」とどこかの阿呆が考えたのが15×100で、これには検討の価値は無いでしょう。いわゆるBoost規格の15×110も似たようなもので、私の見る限りそこにまともなエンジニアリングはありません。軽負荷用途向けに軽くしたいって言うなら、20×110のままでアクスルの中空度を上げれば(薄肉化すれば)良かったわけですし。「小径アクスルならハブ側でもベアリングを小さくできて軽くなるだろう」と「だろう運転」で突っ走ってますが、現実には多くのハブメーカーは互換ハブで対応しています。つまり、小径アクスル用には両側のスペーサーの形状や肉厚を変えただけです。というわけで、MTBフォークとして持つべき剛性と信頼性、および徒花バズ規格の忌避という観点から、アクスル規格は20x110mmを採用しています。


白か黒か。スティアラー長は(どうせ切るものなので誰も気にしないと思いますが)265mmです。

左レッグにエアスプリング。右レッグはカートリッジダンパー入りで、上にロックアウトダイヤル、下にリバウンドダンピング調整ダイヤル。ロックアウトをコンプレッションダンピング調整っぽく使うこともできなくはないようです。普通は全開で良いと思いますし、私はストリートでも全開のままでちゃんとサスペンションの仕事をしてもらうのが好みですが。それでもエアスプリングなのでボトムでは粘ってくれますし。

信頼の20mmアクスル。ブレーキは標準的なポストマウントです。

装着例。トラベル110mmくらいに短縮した状態です。

出荷状態でトラベルは150mmですが、弊社で用意した短縮化キットが付属します。特製ワッシャーとスリーブの組み合わせにより、最短80mmくらいまで、5段階ほどの調整が可能です。装着方法は別記事で紹介します(けっこう簡単です)。

ひとつ大事な注意点があります。弊社のタナトスフレームに組み合わせることももちろん可能ではあるものの、本来は高剛性が売りのオールマウンテンフリーライドフォークであり、エクストリームフリーライドやダートジャンプには使用するべからず、ということになっています。用途、強度、その他こだわりという面でリビドーバイクカンパニー製品とは方向性が違うものであることはご承知おき下さい。

弊社で2018年春から3本ほどテストしていますが、うち2本はストリートやダートジャンプ、パンプトラック、ミニダウンヒルからノースショア系ミニトレイルまで、気温30℃から-10℃くらいの中でちょいちょい乗ってきて、まだ何の問題もありません。一方、距離4mとかのダブルジャンプをゲシったりしているうちにクラウンが歪んでチョッパーになったケースも1本ありました。現実には壊せないフォークなど無いですが、それでも壊れれば泣きたくなるもの。せめて半泣きで済むよう、お手頃価格でのご提供です。

概要:

  • MTB用サスペンションフォーク
  • エアスプリング
  • 高剛性34mmインナーチューブ
  • 150mmトラベル(短縮化キット付き)
  • 重量: 2.4kg
  • 色: 黒 or 白

各部規格:

  • ホイールサイズ: 26″
  • スティアラー: 1-1/8″(OS)ストレート
  • ハブ: 20/110
  • ディスクブレーキ対応(160mmディスク用ポストマウント)

小売価格(消費税別): 41,800円

LiBCo. Clicker MTB cassette hub

新しいタナトスのフレームに使いやすいように、リアハブをご用意しております。このフレームはクローズドドロップアウトを採用しており、巷でよくある両端ナット止めのハブが装着できないためです(ドロップアウトを切り開いてしまうという方法もありますが、もったいない精神に鑑みて避けたいところです)。このハブは両側からボルトで固定するタイプとなっていますので、タナトスにそのまま使えるほか、通常のトラックエンドのフレームに使ってもホイール脱着が楽になるという利点があります。ボルトを抜けば、チェーンを外したり切ったりせずにホイールがストンと抜けるためです。

更新: 11丁の一体型スプロケット仕様に加えて、12丁以上の2ピースドライバー仕様をご用意しました。タナトスのようなストリート車には11丁がイチオシですが、シングルスピードで山に入るといったような使い方におけるギア比の選択肢がこれで大きく広がります。

更新2: 2ピースコグを、12~16丁全て1歯刻みで取り揃えました。

現在のところ完組ホイールの設定はなく、ハブ単体のみでのご提供となります。

概要:

  • MTB用シングルスピードハブ
  • 11T 1ピースコグ/ドライバー または 12, 13, 14, 15, 16T 2ピースコグ/ドライバー(コグ1枚付属、シマノ等互換の9スプラインコグ形状)
  • 32穴
  • 24ノッチ
  • 重量: 409g(11T)
  • 色: Pale Green(薄緑)

各部規格:

  • 135mm幅 / 10mmボルト(通常のMTBサイズ – ただしボルト規格としては3/8″ = 9.525mm)
  • チェーンライン50mm
  • ディスクブレーキ対応

小売価格(消費税別):

  • 11T: 15,200 円
  • 12, 13, 14, 15, 16T: 16,800 円

LiBCo. wide shell Spanish BB

新しいタナトスのフレームに使うための、ボトムブラケットをご用意しました。このフレームは、理想のジオメトリーと強度・軽さ・信頼性を追求した結果、基本的にはスパニッシュ規格でありながら、幅のみを広げた独自のBB規格を採用しています。ベアリングはBMXで使われるスパニッシュ規格のものと同一ですが、中間に入るスペーサーが長くなり、71mmあります(ちなみに、一部他社のユーロBB用アウトボードベアリングキットのスリーブとも同じ寸法です)。タナトスのフレームセットにはもれなくこのBBキットが付属しますので、通常は必要ありません。しかし、付属のBBが性能低下した場合、および他社のスパニッシュBBにベアリングだけ流用する場合など、色々な形でご利用頂けます。71mmのスリーブのほか、厚さ3mmのワッシャーと1.5mmのワッシャーがそれぞれ4枚ずつ付属します。

概要:

  • スパニッシュ規格ボトムブラケット
  • 19.05mm(3/4″)シャフト用
  • 重量: 113g
  • 色: Green/Black(緑/黒)
  • 素材: ベアリング鋼(ベアリング)、アルミ(スペーサー)

各部規格:

  • ベアリング外径37mm、内径19.05mm(3/4″)
  • スリーブ長71mm(規格上70mm + プラス公差)

小売価格:

  • 2,800円(消費税別)

LiBCo. Tanatos 26″ street frameset

リビドーバイクカンパニーの旗艦モデル、タナトスです。ストリート・ダートジャンプ・スケートパーク・コンビニ往復その他、日常のあらゆるシーンを非日常に変え、乗り手の想像力を増幅し、全ての障害物を新しいテレインへと化けさせる、強固で愉快で最高なマウンテンバイクです。

現在のところ完成車の設定はなく、フレームセットのみでのご提供となります。また、別売りでリアハブもご用意しております。

概要:

  • 素材: 4130クロモリ鋼・溶接後熱処理済
  • チュービング: トリプルバテッド トップ&ダウンチューブ、外側バテッドシートチューブ
  • 重量: 約2.5kg
  • 色: Hard Banana(黄色)、Angry Salmon(ピンク)、Night Forest(濃緑)、Baby Turquoise(水色)

各部規格:

  • インテグラルヘッドセット(カンパニョーロ規格 – 多くのBMXと同様)
  • 135mm幅リアエンド / 10mmスロット(通常のMTBサイズ – ただしクローズドエンド)
  • 25.4mmシートポスト / 28.6mmクランプ(通常のBMXサイズ)
  • スパニッシュBB(90mmシェル – 独自規格)

ジオメトリー:

  • トップチューブ長: 575mm
  • リアセンター長: 375±10mm
  • シートチューブ長: 300mm
  • ヘッドアングル: 72度(フォーク肩下450mm、オフセット40mmのとき)
  • シートアングル: 72度 (同上)
  • BB下がり: 10mm(同上)

小売価格:

  • 66,200円(ボトムブラケット付属、消費税別)
    ボトムブラケットは19.05mm(3/4″)シャフト用で、ストリート・ダート系に使われる一般的な中空3ピースクロモリクランクセットに対応します。


Hard Banana


Angry Salmon


Night Forest


Baby Turquoise

How to Order

Eメール、ファクスまたは電話にて、個人のお客様からのご注文を受け付けております。在庫状況に問題がないことをこちらが確認後に、商品代金をいただきます。入金確認後、通常1営業日以内に発送手配いたします。

通販の送料は、現在試験的に無料とさせていただいております。商品ごとの表示価格は、消費税込みと消費税抜きが混在する可能性がありますのでご注意下さい。

入金方法は、銀行振込または現金書留がご利用可能です。振込手数料・書留送料のみご負担下さい。代引への対応は今しばらくお待ち下さい。送金先は以下の通りです。

  • 振込先口座その1: 北海道銀行 札幌駅前支店 普通口座 1466673 ノースショアプロダクツ
  • 振込先口座その2: ジャパンネット銀行 すずめ支店 普通口座 7197830ノースショアプロダクツ
  • 書留郵送先: 〒004-0862 北海道札幌市清田区北野2条2丁目22-4 ノースショアプロダクツ
  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ