2019年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

昨年はちょっとした怪我や地震被害などで大変なこともありましたが、皆様に支えられて全体としては充実した一年となりました。

特に個人的には、数年来悩まされていた足首などの外科的問題に改善の兆しが見られ、再び自転車に楽しく乗れるようになってきたことが大きな進歩でした。同時にストリート以外のフィールドも楽しく乗る機会や場所、仲間に恵まれ、より幅と奥行きのある自転車遊びを再発見できた年でもありました。

今年もさらに自転車を楽しみつつ、そこから得たインスピレーションを形にして参ります。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

NSP代表
草原正樹

MTBフォーク、怒りの緊急入荷

昨今の自転車機材の進歩には目を見張るものがあります。

メーカー各社が性能を追求する中で規格も多様化し、昔のように「MTB用」と書いた部品を買ってくれば必ず自分のMTBにも組み付けられ、場合によってはロードレーサー用の部品だってヒョイヒョイとポン付けできる自由はありません。でも、仕方ないじゃないですか。そんな代償を払ってまで目的に特化し、性能向上を果たしているのですから。そのおかげで今では、ロードレーサーならラルプデュエズを数分で登り切り、マウンテンバイクならガレ場下りのコーナリングスピードが時速数百kmに達し、BMXならスタートヒルを下って一発目のジャンプでゴール前の着地コブまでトランスファーしてレース瞬殺です。

え?

そうなってないの?

まじで?

んじゃ何のために代償だけ払ってここまでやってきたのさ? なんで、ほんの数年前に大枚はたいて買ったようなMTBに装着できるサスペンションフォークがそこらに全然無いの? バカじゃねーの?

ということで、MTB用サスペンションフォークを用意しました。ホイールサイズは26インチ、スティアラーチューブはOSストレート、信頼の20x110mmアクスル、軽くて扱いやすいエアスプリング、ロックアウト装備、もちろんディスクブレーキ対応です。トラベル150mmと余裕の長さですが、短縮化キットも弊社で用意したものが付属します。

ただし、本体に注意書きステッカーも貼ってありますが、メーカー推奨用途としてエクストリーム系は禁止となっています。本来は、高剛性が売りのオールマウンテンフォークです。弊社で春からテストしていましたが、確かに距離4mとかのダブルジャンプをゲシったりしているとクラウンが歪んでチョッパーになるケースがありました。うちのタナトスにももちろん使えるフォークですが、用途、強度、その他こだわりという面で方向性が違うものであることはご承知おき下さい。

そんな具合に細かいことには目をつぶって気楽にお使い頂けるようにとの願いを込め、価格は41,800円(消費税別)です。近日中に商品ページに詳細を掲載予定です。

2017年へようこそ

新年あけましておめでとうございます。

昨年皆様よりいただいた多大なるご支援とご声援に改めてお礼申し上げます。2017年を迎えるにあたって、偉大なる夢の実現と誰も夢にも見なかったようなプロジェクトの具体化への決意を新たにする次第です。一緒に、素晴らしい一年にして参りましょう。

取り急ぎスモウローラー業務連絡

I様、お問い合わせいただきましたがメール返信できませんでした。代わりに以下、弊社回答を掲載いたします。

お問い合わせまことにありがとうございます。ひとつ残念なお知らせなのですが、スモウローラーでっかく発売中というのはエイプリルフールの記事でして、現状はお遊びで作ったプロトタイプ1台しか存在しません。しかし良いお知らせもありまして、こうしたお問い合わせも多いため市販化を企んでおります。そのためには性能向上も必須と考え、細部調整中です。進展があり次第、改めてお知らせいたします。これも全て、I様のように真剣にご興味を持ってくださる方のおかげです。ありがとうございます。

NSP代表
草原正樹

2016年、明けましておめでとうございます

Happy New Year!

Backyard-built prototypes and precision-made products.

ひっそりと工作ばかりしていた2015年が過ぎました。今年はその成果を形にしたりしなかったり、古くからの構想に手を入れてみたり、色々と楽しく忙しい年にしていこうと思っています。

昨年の大きなニュースとしてはやはり、新ライダーKazoo君の加入を抜きには語れません。年頭から丸ごとの付き合いになるのは今年からということになり、とても楽しみです。

ライディングの面では、私自身も、怪我に泣かされたここ1年あまりの状況にやっと改善の兆しが見えてきました。一緒に乗る予定をすっぽかした皆さん、ごめんなさい。今年こそぜひ。

こうして皆様のおかげでまた新しい年を迎えることができました。ありがとうございます。本年もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ