冬道の安全/危険運転考 – 2

だいぶ間が空いてしまいましたが、最近話題のカーリングの聖地、北見市常呂に向かう総延長300kmのスケートリンク道路で鬼渋滞に巻き込まれ、スタックしたトレーラートラックを助けてあげることができずに泥縄フックを呪ったところまでが前回のあらすじです。

今回は、自分が事故りそうになってヒヤリハットしたお話をお送りいたします。

安全運転には、能動的安全運転と受動的安全運転があると私は考えていて、両者はかなり性格を異にするものです。能動的安全運転としては、まず車の操作がきちんと上手にできることが重要で、人間が車を運転する限りにおいては不可欠のものです。しかしこれを変にこじらせると、「俺は上手いから事故らないぜ」とか言いながら公道を数百km/hでぶっ飛ばす方向になってしまうので注意が必要です。一方、受動的安全運転としてはまずスピードを出さない、危なそうなことはしない、危なそうなものには近づかない、というあたりが重要ですが、これまたこじらせると大変でして、成田山の交通安全お守りステッカーをペタペタ貼った車で制限60km/hの道を40km/hで走り続け、途中で物理的限界速度40km/hの凍ったコーナーがあってもそのまま突っ込んでいくようなただの鈍感運転になるケースもあるわけです。

危険運転も同様で、率先してアクティブに危険なことをしているパターンと、そんな反社会性人格障害でもないのに結果としてパッシブな危険運転をしているケースとがあります。よく話題になるのは当然目立つ前者の方で、これは本当にやっちゃダメです。他の車が気に食わないからって煽ったりぶつけたり爆撃したりしてはいけません。しかしまた一方で、受動的な危険運転というのも大問題で、というか私はこれ嫌いです。本人に悪気が無い分かえって面倒だからです。

例を挙げましょう。ある夜、田舎国道を走る私の前に、対向車とすれ違うたびにブレーキを踏む車がいました。きっちり毎回必ずです。この時ほど追い越し禁止を恨んだことはありません。複数の車が道路をシェアするということはペアで踊るダンスなんかに似ていて、次にどういう動作が来るのかパートナーにきちんと伝わらないとギクシャクします。どっちに動くのか、右にスピンするのか左なのか、なんてことを必然性を持った動作によって伝えるのはリードする側の義務です。そのために車にもウィンカーやブレーキランプがあるわけで、それらの誤用は危険を招きます。すれ違いブレーキさんについて言えば、「シカが飛び出してきた」あるいは「道がそこで終わってた」なんて可能性のあるシグナルをものすごい頻度で受け取って、わたしゃ大層疲れたわけです。もちろん途中からはそういう運転だと分かりましたが、それはそれで今度は、オオカミ少年の原理により本当に何かがあった時の反応が必ず遅れることになります。

で、ここまで全て前置きだったわけですが、今回というか先月の話に行きましょう。ある夕方、温泉に向かっていると、前の車がいつでもどこでもランダムにブレーキパカパカさんでした。ほんとAT乗りは下手くそさに下限がなくて困るよね、なんて偉そうなことを考えていると、鉄道ガード下で赤信号になりました。この日はずっと凍っていなかった道路も時間的にそろそろ凍結開始といったところです。谷底地形のせいか、滑り止めの砂利が結構溜まっています。その時、前の車、停止線20m手前でフルブレーキングしました。え? うそでしょ? ギャーやめて!

この冬一番の人力ABS、炸裂させました。ギャーとか言いながらもミラー見て隣車線の後続車がいないのは分かっていたので、濡れて凍りかけでジャリジャリの路面でズルズルと断続ブレーキングしつつ向きを変え、スピードを落としつつ隣車線に逃げることができました。一方、ランダムブレーキさんは何もなかったかのようにスルスルと停止線に向けてまた動き出していたのでした。

私のトラックにABSが付いていないのはランダムブレーキさんのせいではないし、もっとガッツリ車間距離を取っていれば多少は余裕があったのも事実です。まあABSは付いていたとしても速度域から考えてあまり差は出なかったでしょうけれど。しかし、例えばラッシュアワーの駅構内で突然歩みを止めれば後ろの人が突っ込んでくるのは当たり前。どちらが悪いという話をしたいわけではなくて、適宜サインを出しながら必然性のある動作を紡いでいかなければ、ダンスは踊れないのです。とりあえず、それなりの技術を磨いておいて良かった。誰も、誰の車も傷つかなくて、本当に良かったです。

皆様も、ご安全に!

冬道の安全/危険運転考

この1月は北海道ではやや雪が少ない方だったという気がしていますが、一方では関東で大雪になったりして、風情を楽しんだ方もあれば、一方では不便を被った方も多いと思います。

雪が降ると必ず起きるのが交通障害でして、特に車を運転する方には大きな問題です(もちろん飛行機を運転するにも汽車を運転するにも大問題ですが、そこは素人とプロの境界をなす大きな壁の向こうなので以下略)。程度の差こそあれ、北海道でも本州でも、世界中のどこでも、雪が降れば事故や渋滞の可能性が大きく上がるのは自然の摂理というもので、私も今月2回ほどそれを実感する機会がありました。そんな統計的にはアホほど偏ったサンプルから、冬道での安全運転と危険運転を適当に考えてみましょう。

1月10日。私は愛しのレッドロケット号で北見に向かっていました。英語キャンプのお手伝いという楽しい仕事のためなのでウキウキだったのですが、道路状況はまさに真逆だったことを、出発時の私は知る由もなかったのです。天候としては晴天がたまに曇天になり雪がパラつく程度でしたが、問題は道路。いや、道路というより、総延長300kmのスケートリンクです。

雪道というのは実際、どうしようもなく運転しづらいものではありません。ちゃんとしたスタッドレスタイヤを履いていて、一応の技術があれば何とかなるものです。特にレッドロケット号は4WDですし、といっても冬でも8割くらいの時間は2駆に切り替えてFR状態で走っていますがLSDも入れてあるし、かえって楽しいくらいのものです。どんな車でも、アクセル一定、ステアリング真っ直ぐで直線を走るなら、100km/hくらいで走っている分にはどれほど摩擦係数の低い路面でも何も起きません。通常は。しかし、当別町の直線で一瞬車が勝手に向きを変えようとしたあたりで認めざるを得ませんでした。年に多分数十日あるかどうかのメチャクチャ滑る日だったわけです。

まあ滑ること自体は構わないのですが、滝川あたりで新たな問題が勃発します。どうもその前後でかなりの降雪があったらしく、高速道路が通行止めとなった影響で、北海道民550万人が全て下道の12号線に降臨したようなのです。夏の終わりの中央道上り線なんかを彷彿とさせるカオスが出現したのでした。

深川を過ぎてさらにカオスが深まり、もうそこら辺でスケート靴買って乗り換えた方が速いんじゃないかと思い始めた頃、その一因が判明しました。

上り坂で動けなくなっているトレーラートラックが1台。砂をまいて何度ももがいてますが全然ダメ。道のど真ん中すぎて後続車もなかなか追い越すに追い越せない状況でした。対向車も直上のカーブの向こうからバンバン下って来ますので。

かわいそうなので、どうにかこうにか追い越してからすぐに路肩に停めて、手助けを申し出てみました。こっちは牽引ロープもシャックルもあるし、4Lギアも付いてるし、そこそこの自重もあるし。運転手さんはまあ普通の頑張ってる若者で、孤立無援だったのでちょっと嬉しそうではありました。しかし問題が一つ。トラクター(トレーラーヘッド)に牽引フックが無い。

そう、最近の車にありがちだとは聞いていた、トラブってからバンパー付近のカバーを外し、慌ててフックをねじ込むタイプだったのです。今時、乗用車だけでなくトラックもそうなっていたとは全然知りませんでした。そして運ちゃんは会社にあてがわれたばかりのトラックなので一生懸命ねじ込みフックを探したり会社の人に電話したりしているんですが、積んでいない様子。この手のもんは他の場所どこにかけても多分絶対壊れそうなんで、これでもう手詰まりです。

そうすると、一通り諦めた運ちゃんはチェーンを巻き始めたのでした。ああそういう手があったんじゃん、ていうか今までひたすらそれを面倒くさがっていたんかい、てことで私はそれ以上手伝えることもなく現場を去りました。

というわけで、もう長くなったので後半の話は後日に回すとして、教訓をひとつ。あなたの車も、ねじ込みフックはなくさないで! ちなみに中古で買ったとかで車に置いてないことに気づいてしまったなら、解体屋で投げ売りしてます。ネジ径は種類があるので気を付けて。

あと、提言をひとつ。もうこれ、泥縄フックって呼ぼうぜ!

2018年始動!

明けましておめでとうございます。
2018年が、全力で楽しめる一年になりますように。

本年もお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。

100日目!

足首の手術から100日経過しました。ドクターにはもうリハビリのためにジョギングして良いと言われていますが全然そんな気分じゃない(と足が言っています)し、これでもダメな状態になった暁には足関節固定術が待っているらしいので、家で布団をかぶって震えています。しかし、足関節の具合が悪い3年間もだましだましチャリには乗れていたし、その頃より靭帯も2本くらい増えているのですから、まあ何とかなることでしょう。

手術以来自転車には一切またがっていなかったのですが、どう考えてもジョギングより負担が軽そうなので今日乗ってきました。近所の郵便局とホームセンターまで。

やっぱり自転車は楽しいですね。雪にも強く、周りの人にまで愉快な気分が伝染していく乗り物です。

それでは皆さん、良いお年を!

クリスマス便り2017

メリークリスマス。きっと皆さんサンタさんから自転車その他色々ともらったことと思います。

一方、私は悪い子にしていたのがたたり、風邪をもらってきました。寝クリスマスです。毎年言われる通り、今年の風邪はタチが悪いので気を付けましょう。ストーブをガンガンにつけるのはいいけど湿度の維持に気を使うこと、裸で寝たりしないこと、外で運動して健康でいること。多分このあたりがポイントです。

それでは皆さん楽しい年の瀬になりますように。

P.S. 手術から100日ほど経ち、足はゆっくりですが良くなってきているようです。方々から頂くお見舞いメッセージ、本当にありがとうございます。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ