Boost規格はゴミだと思う話

MTB関連の細かい話です。予備知識が無いと面白くないかもしれませんが、そこら辺のフォローは今回キリがないので申し訳ありませんが省きます。

MTBが誕生した頃、部品規格はかなりスッキリしていました。各部の寸法がほとんど統一されていたのです。MTB用の部品をそこらで買ってくれば自分のMTBに装着できて当たり前だし、どんなMTBでも簡単にニコイチにできました。それがここ10年から20年ほど、各社各団体がバラバラな規格を持ち込むようになり、部品一つ一つを厳選して自分のバイクを組もうというユーザーにとっては地獄絵図に他ならない現在のシーンが形成されました。車輪のサイズが26インチだけではなく29”も出てきて、さらに27.5”が主流になったのと同様の多様化が、あらゆる部品サイズ、また嵌合部規格に起こっています。

一方で、これはとても良いことです。ユーザーの体格に合わせた自転車を組みやすくなったということもありますし、最高の工業製品を作るには既存の規格からはみ出ないといけない場合というのは存在します。そうしたはみ出しが無ければ、例えばMTB発祥のアヘッドシステムがロードレーサーやBMXを含めた全てのスポーツバイクの基本となることも無かったでしょう。私たちの作るTanatosフレームにしても、BB規格は理由があって独自のものを採用しています。

しかし一方で、バイクデザイナーとして、私たちは理由のない規格分化には懐疑的です。その最たる例が、MTBのフロントハブ向けに提唱されているBoost規格です(付随して新規リアハブ規格も含まれているのですが、それもまた突っ込みどころが多くてキリがないので省きます)。

ロードレーサーやMTBなど、主に変速付きのスポーツバイクのフロントハブは、伝統的には9mm軸のクイックリリースシャフトでした。ハブの幅、いわゆるオーバーロックナット(OLD)寸法が100mmです。しかしMTBにおけるサスペンションフォークとディスクブレーキの標準化に伴い、20mmシャフト、110mm幅の規格が20世紀終わり頃からダウンヒルなどの機材負荷が大きいジャンルで多く使われるようになりました。軸が太くなったのはサスペンションフォークの構造に起因する軸周り剛性低下を補填するため、幅が広くなったのはディスクローターを取り付けてもハブのスポークフランジ間隔を確保してホイールの横剛性を保つためです。

ところが10年ほど前からでしょうか、15mm軸の100mm幅という次なる規格が現れました。ダウンサイジングによる軽量化を狙ったものです。私に言わせれば、こんなのは99%ナンセンスです。残り1%は、買い替え需要を狙うというセコい理由です。私たちにとっては不得意分野なので、こちらもどうでもいいです。

問題点を簡単に説明しますと、細い方が軽くなるというのなら、自転車のフレームだって昔のAlanのアルミロードみたいに細い方が一応軽くはしやすいのです。でもグニャグニャになりやすいです。20mmや15mmのハブシャフト自体はほとんどがアルミ合金ですから、細身にするよりも大径薄肉の方が同じ重さでも強度と剛性と軽さのバランスを取りやすいのです(この辺は素材によって適切な径は多少変わってきますが、アルミならもっと太くても良いくらいです)。本気でクロスカントリー的な走りでの性能を極めたければ、20mmの薄肉版シャフトを作れば良かった話です。机上の空論レベルを飛び越えて私の感覚だけで言いますが、その方が並の15mmシャフトより軽く強くできるでしょう。ちなみにですが、ハブメーカーは15/100も20/110もイケる互換ハブを多く出していますので、現実にはどちらの規格でもその範囲内で最適化された部品はロクに存在しないと言うこともできます。

で、ここに来て業界は新しいネタを用意してきました。それがBoost規格、15mmシャフトの110mm幅です。長く説明するなら、フランジ幅を確保することで特に大径ホイールの強度も安心ですし、安定の軽さだし、これまでの15/100より良い事ずくめだからいつ買い換えるの?今でしょ、ってことです。短く説明すると、これは15mm系規格の自殺です。OLDも詰めて軽くしようとしてたのに、ボクサーに例えれば減量のために髪を剃って歯も抜いて即身仏寸前のレベルなのに、やっぱり110幅だよね、ヘビー級で男を見せるよ、って強がってます。死にますよ。支点間寸法が長くなれば剛性確保のために直径も必要になりますし。

というわけで、個人的な希望も交えての結論なので丸ごと信用してもらわなくても全然構わないのですが、15mm規格は一回りして滅び、20/110に回帰するでしょう。まあ仮にエンジニアリングを突き詰めれば25/120とかにランディングする可能性も無くはないですが、それなりにバランスの取れた既存規格を塗り替えるのは大変な作業です。数年以内に20/110に回帰したとして、そこから10年くらいはそもそものハブ固定方法を含めた新たな模索が続くでしょう。

エスカレータの羊たちへ

先週は中国・上海で国際貿易展示会「チャイナ・サイクル」がありまして、行ってきました。中国本土に行くのは2回目なのですが、前回は香港滞在からの日帰り深圳往復だけだったので、まあ実質初体験です。

上海に1週間居ただけなので、中国のことが丸ごと分かった!なんて言えるガラじゃないですが、それなりに見聞を広めて帰ってきました。交通ルールもへったくれもないとか、安いだけの飯は底なしにマズイとか、安いだけのチャリは底なしにゴミクオリティだとか、巷でよく聞くような中国のダークサイドはまあ概ねその通りなのだろうと思います。が、少なくともひとつ、私が中国にマジのガチでベタ惚れした点があります。エスカレータの乗り方です。

私は常々、夜空の星に願ってきました。エスカレータでは急ぐ人を邪魔しないよう片側に寄って立つのが至上の掟だと信じて疑わない手合いが、一日も早く死に絶えますようにと。

私だってエスカレータ上で歩くこともあれば走ったことさえありますが、あれは空いている場合のオプションに過ぎないし、そもそもエスカレータの製造会社からも、鉄道などの運営会社からも、そのような乗り方が正式に推奨されたケースは寡聞にして知りません。それを当然の権利だと捉えたり、そのために片側を空けるのを当然の義務だと考えたりするのは、「マナー」の名の下での思考停止です。空気を読みすぎて脳味噌まで空気になっちゃったね、って話です。

思い起こせば、私がこんなエスカレーターモンスターになってしまった最大の契機は、数年前に品川駅で突然訪れたのです。山手線を降りた私は、羽田空港に向かうためにプラットフォームからエスカレータを上がっていました。荷物も多少ありましたが、それ以上に足が痛いというか、足首折れていたので、スマートに片側に立ってなぞいられません。そこに下から歩いてきたスーツの男が詰まって、ブーたれてきたのがバトル開始のゴングです。袖触れ合うも他生の縁と申しますが、せめて話が通じないと良縁とはなりません。「急ぎたきゃ階段走れや」とアドバイスしても、豆鉄砲食らって逆ギレしている鳩のようなリアクションしか返って来ず、切なくなりました。

一般的に考えて、そのエスカレータを駆け上がらないと親の死に目に会えないレベルの確率が、荷物が大きいとか身体的な都合で右側あるいは左側にしか掴まれないとか杖をつくスペースが必要だなんて確率を大きく上回るとは思えません。本気で走るなら階段の方が大概早いですし。

中国、少なくとも上海メトロでは大体、エスカレータにみんなでワッと押し寄せてみんなでワッと乗るスタイルです。混んでいる時なら各段に2人ずつきっちり乗らさることもあります。私が極度に近寄り易いオーラを発しているせいかもしれませんが、横にうら若き女性がチョコリンと乗ってくるくらいは普通です。そりゃそうですよね、電車の中ではもっと人口密度が高い時もあるのですから、今更エスカレータ上でパーソナルスペースいっぱい下さいってのはただのモンスタークレイマーです。

で、ここから先が最も重要な部分なのですが、エスカレータって、ワッとひとかたまりに待ち列を作ってギッチリ乗るのが総合的な輸送能力は一番高くなるはずなんですよ。まあこれは私の観察と感覚に基づく話なので、あとは人間工学とか交通工学とかで喧々諤々して立証なり反証なりしてもらえれば良いのですが、この仮説には自信あります。全然何の証明にもならないエピソードですが、上海の十数分の一しか人口のいない札幌の地下鉄やJRの方が、エスカレータの待ち列が長くて捌けるのが遅かったりします。一部の人がほんの少し早く駆け上がるだけのために。それも、階段を走るだけの本気が無い程度の人のためですから。

ひとつ懸念があるとすれば、中国でも意識が高い人は現状をよく思っていない場合もあるらしいということです。ひょっとしたら、次に訪れた時には新しい「マナー」ができちゃっているかもしれません。そうじゃないんだよなー。下手の考え休むに似たり系のコンプライアンス志向で自縄自縛ってのは、中国にはきっと似合わないと思うのです。いや、むしろそんなの似合う国があるのかって話ですが、そっちに突き進んじゃって引き返せるのか不安になるケースは知っています。

76年生まれの訃報

昔々、BMXから転向して初期のMTBレースシーンを席巻したジョン・トマックというライダーがいました。さらに後年ロードレースにも進出したのですが、その頃聞いたニュースで、集団走行中に前で転倒した選手を避けようとして失敗し、結局クラッシュしたというものがありました。避けると言っても、バニーホップで飛び越えようとしたそうです。そういうアプローチ、私は嫌いじゃないです。でも、そういうアプローチをする人がもっと悪い結末を迎えるというニュースは嫌いです。

登山家のウーリ・シュテックが数日前に他界したそうです。個人的な知り合いではないですが、同い年ということもあり、とても残念な知らせでした。

ご存じの方も多いかと思いますが、「スイス・マシーン」と呼ばれたウーリは超速のクライミングで名を馳せ、世界の名だたる登山家がビバークしながら数日かけて登るようなアイガー北壁を2時間台で登った男です。そのイメージとは裏腹に非常に慎重なクライマーだったという話も聞こえてきますが、それはまあ当たり前だと思います。慎重さ無しにあんなことをやっていたら、何十年も登り続けること自体が不可能です。文字通りにワンミスが命取りですから。

彼が体現してきたような先鋭的登山(という用語自体はかなり古くからありますが)に私がワクワクするのは、私のスポーツである自転車などにも通じる一つの啓示があるからです。それは安全性にまつわるジレンマにどう対処するかというスタンスの問題でして、端的に言えば装備を削り、ロープさえ持たずに早く登った方が安全なこともあるということです。競輪の自転車にベルとかブレーキとかが付いていると却って危険であるのと同様、高山で必要以上の安全確保に時間を費やすのは天候や体力、装備重量などあらゆる面で愚策でしかありません。しかし、「必要以上」というのがどのくらいを指すのかは本人の技量に大きく依存しますので、客観的な議論はほぼ不可能です。唯一分かりやすい指標というと「山で死んだかどうか」になってしまいます。

ウーリがそっち側に行ってしまって残念だけど、彼が世界中に与えてくれたインスピレーションはなくならないでしょう。安らかに登り続けて下さい。

時々めぐってくるあのCAD熱

いよいよこの辺りも桜が咲き始めたようです。未確認ですが。

そんな外界には目もくれず、ここ最近は日がな一日絵を描いて遊んでいます。

インボリュート曲線の作図中。工業的には、歯車なんかによく使われます。また、その昔には神様がアンモナイトを作る時にもこの曲線をGコードで打ち込んでマシニングセンタで削り出し、それを原型としてあとは射出成形で中国あたりで大量生産して、世界の海にバラ撒いたそうです。約4億年前、まだ3Dプリンタが無かった時代のお話です。

インボリュート曲線は歯車の他にも動力軸端のスプラインに使うことが多いです。例えば車のドライブシャフトとかステアリングシャフト、自転車なら一部のBBシャフトとクランクの結合部やリアスプロケット嵌合部ですね。ただし、歯車状の断面を持つインボリュートスプラインはここ数十年で少しずつ広まってきた程度のもので、特に自転車では旧来のストレートスプラインに阻まれて普及が遅いと感じています。よくあるカセットコグの角スプラインなんて円周上に金正恩を9人並べたようにしか見えないですし、BMXのBBシャフトの48スプライン(確かSAE J500とかの旧規格)だって工業規格としては時代遅れもいいところです。まあ、それで何か問題があるかと言えば、性能が悪いし壊れやすいし合理的じゃないって程度のことなんですが。

このように一つ一つの機械要素を見直して図面引いて工場に作らせれば、地球上で最強の自転車の出来上がり。自転車メーカーとは、かくもシンプルなお仕事です。NSPではこうして日々車輪の再発明に勤しんでいます。

「タナトス」がE-グラビティバイクへと進化

先週の台北サイクルショウは電動自転車の祭典でした。工場はEバイク製造を売りにして、自転車メーカーはEバイクのラインナップに力を入れ、ユーザーは最新のEバイクを見に来ます。NSPも例外ではありません。我々も人力で自転車をバニーホップさせるのはもう飽き飽きしており、新しい道を進むことを決断しました。そしてついに、フラッグシップであるタナトスを世界初のEグラビティバイクとして生まれ変わらせる運びとなったのです。

高性能な18ボルトバッテリーを電源とし、シートチューブ内に格納されたデュアルコニカルコイル式反重力装置により労力フリーの空中浮揚を実現します。上の写真ではG値を0.1に設定しており、自転車は浮く寸前なので支え無しで自立している状態です。負のG値パルスを与えることで、自転車が地面から跳ね上がります。

バッテリーを差し込むコントロールボックスはBluetoothによるワイヤレス制御となっており、各種モバイルデバイス、または頭にBrainDockが装着済みであればそちらからもG値信号を送信可能です。

また、1より大きなG値を与えることも可能です。この場合、自転車を地面にめり込ませるように下方に引く力が発生します。

今回のモデルチェンジに伴い、在庫の人力型タナトスフレームをクリアランス特価66,200円にて販売中です。オールドスクールな人力派の方は、行きつけのお店に急ぎましょう!

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ