冬道の安全/危険運転考

この1月は北海道ではやや雪が少ない方だったという気がしていますが、一方では関東で大雪になったりして、風情を楽しんだ方もあれば、一方では不便を被った方も多いと思います。

雪が降ると必ず起きるのが交通障害でして、特に車を運転する方には大きな問題です(もちろん飛行機を運転するにも汽車を運転するにも大問題ですが、そこは素人とプロの境界をなす大きな壁の向こうなので以下略)。程度の差こそあれ、北海道でも本州でも、世界中のどこでも、雪が降れば事故や渋滞の可能性が大きく上がるのは自然の摂理というもので、私も今月2回ほどそれを実感する機会がありました。そんな統計的にはアホほど偏ったサンプルから、冬道での安全運転と危険運転を適当に考えてみましょう。

1月10日。私は愛しのレッドロケット号で北見に向かっていました。英語キャンプのお手伝いという楽しい仕事のためなのでウキウキだったのですが、道路状況はまさに真逆だったことを、出発時の私は知る由もなかったのです。天候としては晴天がたまに曇天になり雪がパラつく程度でしたが、問題は道路。いや、道路というより、総延長300kmのスケートリンクです。

雪道というのは実際、どうしようもなく運転しづらいものではありません。ちゃんとしたスタッドレスタイヤを履いていて、一応の技術があれば何とかなるものです。特にレッドロケット号は4WDですし、といっても冬でも8割くらいの時間は2駆に切り替えてFR状態で走っていますがLSDも入れてあるし、かえって楽しいくらいのものです。どんな車でも、アクセル一定、ステアリング真っ直ぐで直線を走るなら、100km/hくらいで走っている分にはどれほど摩擦係数の低い路面でも何も起きません。通常は。しかし、当別町の直線で一瞬車が勝手に向きを変えようとしたあたりで認めざるを得ませんでした。年に多分数十日あるかどうかのメチャクチャ滑る日だったわけです。

まあ滑ること自体は構わないのですが、滝川あたりで新たな問題が勃発します。どうもその前後でかなりの降雪があったらしく、高速道路が通行止めとなった影響で、北海道民550万人が全て下道の12号線に降臨したようなのです。夏の終わりの中央道上り線なんかを彷彿とさせるカオスが出現したのでした。

深川を過ぎてさらにカオスが深まり、もうそこら辺でスケート靴買って乗り換えた方が速いんじゃないかと思い始めた頃、その一因が判明しました。

上り坂で動けなくなっているトレーラートラックが1台。砂をまいて何度ももがいてますが全然ダメ。道のど真ん中すぎて後続車もなかなか追い越すに追い越せない状況でした。対向車も直上のカーブの向こうからバンバン下って来ますので。

かわいそうなので、どうにかこうにか追い越してからすぐに路肩に停めて、手助けを申し出てみました。こっちは牽引ロープもシャックルもあるし、4Lギアも付いてるし、そこそこの自重もあるし。運転手さんはまあ普通の頑張ってる若者で、孤立無援だったのでちょっと嬉しそうではありました。しかし問題が一つ。トラクター(トレーラーヘッド)に牽引フックが無い。

そう、最近の車にありがちだとは聞いていた、トラブってからバンパー付近のカバーを外し、慌ててフックをねじ込むタイプだったのです。今時、乗用車だけでなくトラックもそうなっていたとは全然知りませんでした。そして運ちゃんは会社にあてがわれたばかりのトラックなので一生懸命ねじ込みフックを探したり会社の人に電話したりしているんですが、積んでいない様子。この手のもんは他の場所どこにかけても多分絶対壊れそうなんで、これでもう手詰まりです。

そうすると、一通り諦めた運ちゃんはチェーンを巻き始めたのでした。ああそういう手があったんじゃん、ていうか今までひたすらそれを面倒くさがっていたんかい、てことで私はそれ以上手伝えることもなく現場を去りました。

というわけで、もう長くなったので後半の話は後日に回すとして、教訓をひとつ。あなたの車も、ねじ込みフックはなくさないで! ちなみに中古で買ったとかで車に置いてないことに気づいてしまったなら、解体屋で投げ売りしてます。ネジ径は種類があるので気を付けて。

あと、提言をひとつ。もうこれ、泥縄フックって呼ぼうぜ!

2018年始動!

明けましておめでとうございます。
2018年が、全力で楽しめる一年になりますように。

本年もお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。

100日目!

足首の手術から100日経過しました。ドクターにはもうリハビリのためにジョギングして良いと言われていますが全然そんな気分じゃない(と足が言っています)し、これでもダメな状態になった暁には足関節固定術が待っているらしいので、家で布団をかぶって震えています。しかし、足関節の具合が悪い3年間もだましだましチャリには乗れていたし、その頃より靭帯も2本くらい増えているのですから、まあ何とかなることでしょう。

手術以来自転車には一切またがっていなかったのですが、どう考えてもジョギングより負担が軽そうなので今日乗ってきました。近所の郵便局とホームセンターまで。

やっぱり自転車は楽しいですね。雪にも強く、周りの人にまで愉快な気分が伝染していく乗り物です。

それでは皆さん、良いお年を!

クリスマス便り2017

メリークリスマス。きっと皆さんサンタさんから自転車その他色々ともらったことと思います。

一方、私は悪い子にしていたのがたたり、風邪をもらってきました。寝クリスマスです。毎年言われる通り、今年の風邪はタチが悪いので気を付けましょう。ストーブをガンガンにつけるのはいいけど湿度の維持に気を使うこと、裸で寝たりしないこと、外で運動して健康でいること。多分このあたりがポイントです。

それでは皆さん楽しい年の瀬になりますように。

P.S. 手術から100日ほど経ち、足はゆっくりですが良くなってきているようです。方々から頂くお見舞いメッセージ、本当にありがとうございます。

冬季五輪終了のお知らせ

既にニュースになっているようですが、オリンピックについての悲しいお知らせです。

私はインスブルック冬季五輪とモントリオール夏季五輪の狭間に生まれました。その次のモスクワ夏季五輪では東西冷戦のあおりで日本を含む西側諸国が参加をボイコットするという事件があり、さらに4年後のサラエボ冬季五輪会場は開催から数年を経過して内戦の激戦地になってしまったという歴史があります。

そして今回ついに、日本はオリンピックにお呼びでないという事態になってしまいました。

2018平昌五輪公式サイトです。一応魚拓も見つけました。ウォーリーを探せるかな? 赤と白の服が目印だよ…いないよ!

もう、やめて良いんじゃないですかね。

もちろん、身を削り骨をきしませてそのレベルでやっているアスリートが一番優先されるべきとは思うんですが、そういうアスリートだって腰パンがどうだ態度がどうだっていうおおよそスポーツの本質とかけ離れた基準でメディアに叩かれちゃうんでしょ。見てられないです。

もう少し本質的なところを突っ込むと、オリンピックは開催国や参加国に対して短期的な経済効果や中期的な活動目標をもたらしてくれる他、現地にスポーツ施設やインフラストラクチャを残してくれるわけです。借金も残りますけど。つまり、開催地はオリンピックを機にスポーツ振興を大きく進める機会を得ます。ですが、それはあくまでも開催地にそうしたスポーツを根付かせられる素地があってのこと。そうでなければ、無駄な投資によって成り立つ、地元に根付かない単発の祭りに疲弊して終わりです。実際にはそこまで両極端ではなく、その中間で良いバランスが取れるかどうかの問題ですが。

で、ソチ五輪を見てて思ったんですが、というか実はあまり見ていないんですが、ソチってロシアの中では温暖な保養地なんですよね。分かりやすく日本に例えると、南紀白浜冬季五輪ですよ。この辺りの開催地ネタ切れ感がしんみりと心に刺さります。

また今回は開催国周辺での軍事的緊張もあるので、既にボイコット検討中の国も出ています。しかしここにピークを合わせて来ている選手がかわいそうですから、ボイコット組が増えるようならそっちで独自にやれば良いんじゃないでしょうか。第一回、南極第六輪大会ということで。

  • 記事カテゴリー

  • 月別アーカイブ